社名の由来

「ハートフィール」という会社名は英語の「Heart(心)」と「Feel(感じる)」を組み合わせた造語です。

個人事業でスタートした子供服販売の事業を法人化するにあたり、会社名を決める必要があったのですが、どんな名前にしようか何日も、うーんうーんと考え込んでいました。

そんなときふと、


「考えるな、感じろ!」


という言葉が頭に降ってきました。

(これは1973年公開の「燃えよドラゴン」というカンフー映画で、主演のブルース・リーが弟子に言った「Don't think!Feel!」を和訳した、有名な言葉。)

これだ!とその瞬間に感じました。

理工学部出身の私は、思考することが非常に得意で、感じることはどちらかというと苦手なタイプでした。

しかし、ビジネスをしていく上で、頭で考えるのが重要なことは当然理解していましたが、それ以上に「感じること」が大切であることも感じていました。


「私たちの会社は事業を通じて何を実現したいのか?」


この重要な問いに対しては、頭で考えるのではなく、心で感じることでしか本当の答えは出てきません。

いついかなる時も、事業の本質を忘れないために、考えることではなく心で感じることを大切にしていこう、という想いを言葉にしたのがこの「ハートフィール」という社名です。


Don't think!Feel!


代表取締役 齋藤貴史


Posted On 2015.10.22