商品のその先にあるもの


私たちの会社では毎日多くのお客様からメールでご連絡を頂きます。


商品やサービスに関するお問い合わせのメールから、購入後のご感想のメールまで様々なのですが、GLAZOSサイトをご利用頂いたお客様からは感謝のメールを頂くことが本当に多く、スタッフみんなでその内容を共有して読ませて頂いております。


そのメールの多くは「大きな男の子向けの洋服が少なくて本当に困っていたんです!」「こんな商品が欲しかったんです!」という内容のメールで、まさに私たちが、ママが抱えている一つの課題を解消したい、という想いからGLAZOSブランドを立ち上げた、その根本的な部分に対するお声で、本当にうれしい限りです。


さらに、中にはこんな内容のメールを頂くこともしばしばあります。(こちらは実際にお客様から頂いたメールです)


------------------------------------

小5の息子は最近マーチングクラブに入りました。某量販店のTシャツを着ていった時は、Tシャツの柄で変なロボット君や、ウォーリー君と上級生の女の子にいじられていたようですが、GLAZOSのネコがヘッドフォンしているTシャツ来ていったら「これいいね」って言われたと、嬉しそうに話してくれました。
服に無頓着だった彼が少しずつ服に興味を持ってきたような気がします。ありがとうございます。

------------------------------------

中学一年生になった長男の為に購入したものです。購入した服で初めて告白された女の子と夏祭りに行きました。今までは服に興味がなかった様子でしたが、御社の服が届いたら早速着てみていました。
気に入った様子でその後は出かけるたびに購入した御社の服で出掛けています。
これからも利用させていただきます。ありがとうございました。

------------------------------------

中学2年の男の子の母です。
最近、洋服を気にするようになったけれど、小柄なのでなかなかオシャレな服が見つからず、かわいそうだなぁ…と思い、ネット検索していて、お店にたどり着きました。
日曜の朝に息子と一緒にこれがいいんじゃない…?なんて話しながらの買い物、楽しかったです。すぐに届き、早速着てみた息子。大満足のようです
また、利用したいなと思っています。ありがとうございました(^-^)

------------------------------------



創業から今も続く想いGLAZOSコンセプトストーリー の記事の中にも書かせていただいているのですが、私たちは、販売させて頂く子供服を通じて、お客様に喜んでいただきたい、笑顔になっていただきたい、と本当に思っています。また、服に興味のなかった男の子が興味を持つきっかけになれたらいいな、ママと息子がコミュニケーションを取るきっかけになれたらいいな、という想いも持って商品を作り販売しています。


商品を購入することで得られる「満足感」だけではなく、その先にある「幸福感」といえるようなものをお客様に感じて頂けるように、と、そんなところを目指しています。


なので、少しそこに近づけたのかな、と感じられるこうしたお客様からのメールは本当に嬉しくてたまりません。



私自身の話ですが、初めて自分で洋服を買いに行った時のことは今でもよく覚えています。


小学3年生の夏、親からもらった3000円を持って、男友達と二人、電車に乗って隣駅に洋服を買いに行きました。(地元の駅には洋服を売っているお店が皆無だったので)


行ったのは駅前にあるイトーヨーカドーの子供服売り場で、今思えばオシャレでもなんでもないのですが、その時に買った、青地に黒のラインが入ったVネックTシャツと黒のハーフカーゴパンツのデザインや肌触り、そしてその洋服を買った時の喜び、家に帰って鏡の前で試着してみた時の嬉しさ、初めて着て出かけるまでのワクワク感、それは今でもハッキリと覚えています。


その後、私自身はファッションに関係する道に進んだわけではないのですが、結果的に今こうして子供のファッションに携わる仕事をしているというのは、初めて自分で洋服を買ったあのときの喜びから繋がっているのかなとも感じます。だからこそ商品という形あるものだけではなく、目には見えない価値も提供していきたいのかなと。


まだまだ道半ばではありますが、商品はもちろん、商品以上の価値をお客様に提供できるよう、日々努力していきたいなと思います。



株式会社ハートフィール

代表取締役 齋藤貴史


Posted On 2016.08.30